天高く馬肥ゆ

丸岡雄道御住職・絵画中国歴代の王朝にとって、北方騎馬民族の匈奴(きょうど)の来襲に備えて、気を抜けないのが秋の深まるこの季節である。
この匈奴は蒙古族、あるいはトルコ族の一派といわれ、殷(いん)の初めごろ興(おこ)り、晋(しん)の初めごろに滅んだそうであるが、ともかく周、秦、漢、六朝と、二千年の長きにわたって中国を悩ませた、北境に接する剽悍(ひょうかん=すばしこく、しかも荒々しく強いこと)な民族である。
秦の始皇帝はその侵入を防ぐため、とてつもない費用と人力を使って延々たる万里の長城を築いた。また漢のように、美人を匈奴の首領に贈って懐柔しようとした弱腰王朝もあった。
匈奴の住居は、中国本土の北方に広がる広大な草原で、放牧と狩猟が彼等の日常であった。このような広漠たる大草原での唯一の交通手段は馬である。だから彼等は乗馬が得意で、女でも子供でも、自分の足の一部のように乗馬をこなし、またそれができないと、あらゆる用が足せない生活である。
乗馬と騎射を得意とする彼等は、いつも集団を作って風のように襲いかかり、矢の雨を降らせて人馬を殺傷し、財物をかすめては、再び風の如く去っていく。
春から夏にかけて、広々とした草原で腹一杯草を食べた彼等の馬は、秋を迎える頃には丸々と肥えている。短い夏が終わり、草原も枯野と化して、やがて厳しい冬を迎える。10月ともなれば日中でも零度を越す日はまれで、もう放牧もできなくなる。
草原に棲(す)む狼や狐などは、食料を求めて広い草原を右往左往する。それを狙って匈奴が、蕭条(しょうじょう=ひっそりともの寂しいさま)たる草原を馬に乗って走り去り走り来たる。こうして厳しい弱肉強食の斗争の中で、零下何十度という酷寒と、すさまじい風雪に堪(た)える幾月を余儀なくされる。
肥えていた馬もこの冬の間は、自分の身体を食って生き延びねばならない。春になる頃は馬もゲッソリとやせ衰える。春から夏にかけての蓄積がなければ、馬は飢えと寒さで冬を越せない。草は枯れ、馬は肥えた。草原はカチンカチンに凍った。秋の空はあくまで高い。
冬の来る前、草原にはしばらく晴天が続く。厳しい冬に備えて、匈奴たちは、朔北(さくほく)の風に乗って暖かい中国本土を襲撃する。肥えた馬にまたがり、すぐれた騎射を駆使し、匈奴は中国ほっきょうを蹂躙(じゅうりん)する。これがこの季節、冬を迎える前の秋である。
辺境を警備する兵士たちは、弓の絃(つる)を張り、やじりや剣を研ぎ、警戒を一層厳重にする。カツカツという馬蹄の音が、津波のように押し寄せる日ももう近い。

「天高く馬肥ゆる秋」の本来の意義はこういうことであるが、どうも私ども恵まれた風土にあっては、「食欲の秋」「さわやかな秋晴れ」のみを連想してしまう。
本当は心を引き締める秋である。
『聖人御難事』に云く、
「すこしもたゆ(弛)む心あらば魔たよりをうべし」(御書1397頁)


大乗山 持経寺住職  丸岡雄道・著『麻畝の性 巻頭言  第一聚』より(禁無断複製転載)
巻頭言バックナンバー
新着情報

平成30年11月1日 トップページ/巻頭言を更新いたしました。

平成30年11月1日 行事案内/11月の主な行事を掲載いたしました。

平成30年10月1日 トップページ/巻頭言を更新いたしました。

平成30年10月1日 行事案内/10月の主な行事を掲載いたしました。

平成30年9月1日 トップページ/巻頭言を更新いたしました。

平成30年9月1日 行事案内/9月の主な行事を掲載いたしました。

平成30年8月1日 トップページ/巻頭言を更新いたしました。

平成30年8月1日 行事案内/8月の主な行事を掲載いたしました。

平成30年7月1日 トップページ/巻頭言を更新いたしました。

平成30年7月1日 行事案内/7月の主な行事を掲載いたしました。

平成30年6月1日 トップページ/巻頭言を更新いたしました。

平成30年6月1日 行事案内/6月の主な行事を掲載いたしました。

平成30年5月1日 トップページ/巻頭言を更新いたしました。

平成30年5月1日 行事案内/5月の主な行事を掲載いたしました。

平成30年4月1日 トップページ/巻頭言を更新いたしました。

平成30年4月1日 行事案内/4月の主な行事を掲載いたしました。

平成30年3月1日 トップページ/巻頭言を更新いたしました。

平成30年3月1日 行事案内/3月の主な行事を掲載いたしました。

平成30年1月1日 トップページ/巻頭言を更新いたしました。

平成30年1月1日 行事案内/1月の主な行事を掲載いたしました。

このページのトップへ

HOME持経寺の沿革行事案内日蓮正宗の信仰法話選集正しい信仰と功徳法華講持経寺支部
お問い合わせこのホームページについてリンクサイトマップ