笑いのメカニズム

からすうりの花「涼しさに心の中の言はれけり」細見綾子
人は楽しいから笑うのだろうか。それとも笑うから楽しくなるのだろうか。これは大変むずかしい問題で、古今よく議論されるところである。
こういう話を読んだことがある。
人間の顔の、鼻の奥に、脳に送る血液の温度を調節するところがあるそうだ。鼻といえば五根(眼・耳・鼻・舌・身・意)の一つで、空気を吸い込む器官である。空冷式で血液の温度を調節する仕組みなのだろうか。
温度が低いと人間は快感を覚え、逆に高いと不快感を感じるという。面白いのは、その温度変化をもたらすのが顔面の筋肉の動きだということである。
ある筋肉を収縮させると血液の温度が下がる。別の動きは温度を上げる。温度を下げる筋肉の動きは、すなわち笑いの表情であり、温度を上げるほうは悲しみや怒りの表情である。
人間がにっこり笑うときの、あの福々しい笑顔は16の筋肉がゆるむといわれる。逆に怒ったときは63の筋肉が引きつるそうである。
「泣くから悲しい、笑うから楽しい」と論じた心理学者がいた。普通の考え方とは反対に思えるが、前述のような話を聞くとそういう考え方も成り立つのかと思われる。皮膚の上だけと見える表情にも、内部構造にまで大きな影響を及ぼす力があったとは。
「法界のすべては、互具互融の相関関係によって成立する」とする法華経の一念三千の法門からすれば、外界のすべての現象は私たちの内界の所具であるから、天変地夭(てんぺんちよう)も人間の争乱も、すべて私たちの内界の邪悪混乱から生ずるのである。


大乗山 持経寺住職  丸岡雄道・著『麻畝の性 巻頭言  第一聚』より(禁無断複製転載)
巻頭言バックナンバー
新着情報

令和2年7月1日 トップページ/巻頭言を更新いたしました。

令和2年7月1日 行事案内/7月の主な行事を掲載いたしました。

令和2年5月1日 トップページ/巻頭言を更新いたしました。

令和2年5月1日 行事案内/5月の主な行事を掲載いたしました。

令和2年3月1日 トップページ/巻頭言を更新いたしました。

令和2年3月1日 行事案内/3月の主な行事を掲載いたしました。

令和2年2月1日 トップページ/巻頭言を更新いたしました。

令和2年2月1日 行事案内/2月の主な行事を掲載いたしました。

令和2年1月1日 トップページ/巻頭言を更新いたしました。

令和2年1月1日 行事案内/1月の主な行事を掲載いたしました。

令和元年12月1日 トップページ/巻頭言を更新いたしました。

令和元年12月1日 行事案内/12月の主な行事を掲載いたしました。

令和元年11月1日 トップページ/巻頭言を更新いたしました。

令和元年11月1日 行事案内/11月の主な行事を掲載いたしました。

令和元年10月1日 トップページ/巻頭言を更新いたしました。

令和元年10月1日 行事案内/10月の主な行事を掲載いたしました。

令和元年8月1日 トップページ/巻頭言を更新いたしました。

令和元年8月1日 行事案内/8月の主な行事を掲載いたしました。

令和元年7月1日 トップページ/巻頭言を更新いたしました。

令和元年7月1日 行事案内/7月の主な行事を掲載いたしました。

令和元年6月1日 トップページ/巻頭言を更新いたしました。

令和元年6月1日 行事案内/6月の主な行事を掲載いたしました。

令和元年5月1日 トップページ/巻頭言を更新いたしました。

令和元年5月1日 行事案内/5月の主な行事を掲載いたしました。

平成31年3月1日 トップページ/巻頭言を更新いたしました。

平成31年3月1日 行事案内/3月の主な行事を掲載いたしました。

平成31年2月1日 トップページ/巻頭言を更新いたしました。

平成31年2月1日 行事案内/2月の主な行事を掲載いたしました。

このページのトップへ

HOME持経寺の沿革行事案内日蓮正宗の信仰法話選集正しい信仰と功徳法華講持経寺支部
お問い合わせこのホームページについてリンクサイトマップ