列星森として

「上行くと下来る雲や秋の空」  凡兆

空のさわやかに澄む季節である。「秋雲離々」という言葉があるが、秋の雲は、春の雲のゆったりした暖かさとも、夏の雲の峰をつくる雄大さとも違って、秋の澄み切った空の気流はなかなか激しい。
だからこそ秋の空は、澄んで塵(ちり)をとどめないのかもしれない。秋天の上層と下層に動く気流の動きが「上行く雲と下来る雲」である。「男心と秋の空」などと、定めなきものの譬(たと)えに言い旧(ふる)された言葉も、飽(あ)かず秋空を眺めた先人の智慧なのか。

一方、冬隣(とな)る秋空の凛冽さを「旻天(びんてん)」というが、どこまでも高くどこまでも澄み切った秋空を去来する雲の流れを眺めていると、天の威力に今更のように心打たれる。 ふと、蘇東坡の有名な漢詩が思い起こされた。
「天高く夜気おごそかにして 列星森(れつせいしん)としてその位に就(つ)く」
夜の秋空を詠(よ)んで、これに勝る詩を私は知らない。
空気の分子が太陽光線を四方に散らばせて大気圏に光を充満させるから、昼間は太陽の光に埋もれて見えない列星であるが、大気圏外では空はいつも真っ暗で、太陽も一つの星として列星の中で「森(しん)としてその位に」ついているのである。
宗祖曰く、
「天くも(曇)れば地くら(暗)し。」(御書1249頁)


大乗山 持経寺住職  丸岡雄道・著『麻畝の性 巻頭言  第一聚』より(禁無断複製転載)
巻頭言バックナンバー
新着情報

令和2年10月1日 トップページ/巻頭言を更新いたしました。

令和2年10月1日 行事案内/10月の主な行事を掲載いたしました。

令和2年8月1日 トップページ/巻頭言を更新いたしました。

令和2年8月1日 行事案内/8月の主な行事を掲載いたしました。

令和2年7月1日 トップページ/巻頭言を更新いたしました。

令和2年7月1日 行事案内/7月の主な行事を掲載いたしました。

令和2年5月1日 トップページ/巻頭言を更新いたしました。

令和2年5月1日 行事案内/5月の主な行事を掲載いたしました。

令和2年3月1日 トップページ/巻頭言を更新いたしました。

令和2年3月1日 行事案内/3月の主な行事を掲載いたしました。

令和2年2月1日 トップページ/巻頭言を更新いたしました。

令和2年2月1日 行事案内/2月の主な行事を掲載いたしました。

令和2年1月1日 トップページ/巻頭言を更新いたしました。

令和2年1月1日 行事案内/1月の主な行事を掲載いたしました。

令和元年12月1日 トップページ/巻頭言を更新いたしました。

令和元年12月1日 行事案内/12月の主な行事を掲載いたしました。

令和元年11月1日 トップページ/巻頭言を更新いたしました。

令和元年11月1日 行事案内/11月の主な行事を掲載いたしました。

令和元年10月1日 トップページ/巻頭言を更新いたしました。

令和元年10月1日 行事案内/10月の主な行事を掲載いたしました。

令和元年8月1日 トップページ/巻頭言を更新いたしました。

令和元年8月1日 行事案内/8月の主な行事を掲載いたしました。

令和元年7月1日 トップページ/巻頭言を更新いたしました。

令和元年7月1日 行事案内/7月の主な行事を掲載いたしました。

令和元年6月1日 トップページ/巻頭言を更新いたしました。

令和元年6月1日 行事案内/6月の主な行事を掲載いたしました。

令和元年5月1日 トップページ/巻頭言を更新いたしました。

令和元年5月1日 行事案内/5月の主な行事を掲載いたしました。

平成31年3月1日 トップページ/巻頭言を更新いたしました。

平成31年3月1日 行事案内/3月の主な行事を掲載いたしました。

平成31年2月1日 トップページ/巻頭言を更新いたしました。

平成31年2月1日 行事案内/2月の主な行事を掲載いたしました。

このページのトップへ

HOME持経寺の沿革行事案内日蓮正宗の信仰法話選集正しい信仰と功徳法華講持経寺支部
お問い合わせこのホームページについてリンクサイトマップ