御会式(令和4年)/川崎市の日蓮正宗寺院・大乗山持経寺

御会式(令和4年10月23日) 御会式(令和4年10月23日)
御会式(令和4年) 御会式(令和4年)

令和4年10月23日(日)午後2時より、持経寺本堂において当山「宗祖日蓮大聖人・御会式(おえしき)御正当会」が厳粛に奉修されました。
御会式とは、末法の御本仏・日蓮大聖人が弘安5年(1282年)年10月13日、武州池上(現在の東京都大田区)の右衛門太夫宗仲の館において御入滅あそばされ、滅・不滅の三世常住(さんぜじょうじゅう)の相を示されたことをお祝いする法要です。
当日は諸天も寿ぐ好天に恵まれ、170余名の参詣信徒がお迎え申し上げる中、神奈川布教区内・組寺(くみでら)の6名の御住職・御僧侶様方が持経寺に御出仕くださいました。
法要は御献膳、「方便品」「寿量品長行」読経ののち「御申状奉読」の儀へと移り、天野御住職並びに御住職・御僧侶様方により『日有上人御申状』『立正安国論』『日蓮大聖人御申状』『日興上人御申状』『日目上人御申状』『日道上人御申状』『日行上人御申状』が奉読されました。そののち「寿量品自我偈」読経・唱題と如法に厳修され、法要は厳粛かつ盛大に奉修されました。
さらに法要に引き続き、妙苑寺御住職・塩満齢道御尊師より布教講演をいただき、参詣信徒一同の信心の大きな糧とさせていただきました。
そして最後に、参詣信徒により「お花くずし」が行われ、本年の大乗山持経寺・御会式御正当会の一切を滞りなく終えました。

御会式 御逮夜会

御会式御正当会に先立ち、前日の令和4年10月22日午後1時より、総本山大石寺より宗務院庶務部・天野成昭御尊師をお招きし、御会式御逮夜会が持経寺本堂において奉修されました。
100余名の信徒が参列する中、法要は「方便品」「寿量品長行」読経ののち「御申状奉読」の儀へと移り、天野御住職・天野成昭御尊師・清野明倶さんにより『立正安国論』並びに御申状が奉読され、そののち「寿量品自我偈」読経・唱題と、法要は如法に厳修されました。
そして引き続き、天野成昭御尊師より「幸せの源は毎日の信心修行」と題して布教講演をいただき、参詣者一同の歓喜の中で明日の御正当会に向けて気持ちを新たにいたしました。

フォトギャラリー

■御荘厳 ■お花の紙染め・葉作り ■お花作り・お花飾り ■運営スタッフ

★御荘厳

★お花の紙染め・葉作り

★お花作り・お花飾り

★運営スタッフ

持経寺の沿革

持経寺本院外観

日蓮正宗・大乗山持経寺は、昭和41年(1966年)12月に建立されました。以来50年以上の長きにわたり、川崎の地で日蓮大聖人の正しい信仰を護り伝えています。

» 詳しくはこちら

行事案内

持経寺御会式のお花飾り

日蓮正宗では、御報恩御講をはじめとする月例行事、また年間最大行事である御会式をはじめとする年中行事など、さまざまな寺院行事が奉修されています。

» 詳しくはこちら

日蓮正宗の信仰

建長5年(1253年)4月28日、日蓮大聖人は「南無妙法蓮華経」の宗旨を建立されました。立宗770年。日蓮正宗は、宗祖日蓮大聖人の血脈を受け継ぐ正統門下です。

» 詳しくはこちら

法華講持経寺支部

日蓮正宗の信徒組織を「法華講(ほっけこう)」といい、全国の日蓮正宗寺院には各法華講の支部があります。ここでは法華講の由来と持経寺支部をご紹介します。

» 詳しくはこちら

●トップページ ●持経寺の沿革 ●行事案内 ●日蓮正宗の信仰 ●法華講持経寺支部 ●お問い合わせ ●関連リンク